2017年1月20日金曜日

FXに関しての個人専用のレバレッジ倍率は…。

FXで利益をあげたいなら、FX会社を比較することが大切で、その上でご自分にしっくりくる会社を選択することが重要なのです。このFX会社を比較する時に大事になるポイントをご案内したいと考えています。
レバレッジと言いますのは、納入した証拠金を元手に、最高でその証拠金の25倍のトレードができるという仕組みのことを言います。一例をあげますと、50万円の証拠金で20倍のレバレッジをかけるとしますと、1000万円もの「売り買い」が可能です。
スイングトレードだとすれば、どれ程短い期間だとしても数日間、長期の時は数ヶ月にも及ぶことになる戦略になるので、普段のニュースなどを判断材料に、直近の社会状況を想定し投資することができます。
デモトレードをするのは、主にFX初心者の人だと想定されがちですが、FXの熟練者も進んでデモトレードを実施することがあるようです。例えば新しく考案したトレード手法の検証のためなどです。
FXに関しての個人専用のレバレッジ倍率は、前は最高が50倍だったことを思い起こせば、「今の規定上の最高25倍は低いと感じてしまう」と口にする人が見受けられるのも当たり前と言えば当たり前ですが、25倍だと言ってもきちんと利益をあげることはできます。
証拠金を入金していずれかの国の通貨を購入し、そのまま所有し続けていることを「ポジションを持つ」と言うのです。一方、キープし続けている通貨を約定してしまうことを「ポジションの解消」と言うのです。
わずかな額の証拠金により大きなトレードができるレバレッジではありますが、イメージしている通りに値が進展してくれればそれ相応のリターンを獲得することができますが、逆になった場合はそれなりの損を出すことになるのです。
FX会社といいますのは、個々に特色があり、他より優れた所もあれば劣っている所もあるのが普通なので、新規の人は、「どのFX業者でFX口座開設すべきか?」などと戸惑うのではありませんか?
なんと1円の値幅でありましても、レバレッジが1倍でしたら1万円の損益なのですが、10倍の場合は10万円の損益になるわけです。要するに「レバレッジが高くなるほど損失を被る確率も高くなる」わけです。
「デモトレードを試してみて儲けることができた」と言われましても、本当に自分のお金を投入する現実のトレードで収益をあげられる保証はないと考えるべきです。デモトレードというのは、どう頑張っても娯楽感覚になることが否めません。
為替の動きを予測する為に必要なのが、テクニカル分析とファンダメンタル分析ですが、より大切なのは「チャートの変化に注視して、将来の値動きを推測する」テクニカル分析だと言えるでしょう。
スイングトレードで儲ける為には、それなりの売買の進め方があるのですが、当然スイングトレードの基本がわかっていることが条件です。何よりもまずスイングトレードの基本を学びましょう。
MT4をパソコンにセッティングして、オンラインで24時間365日動かしておけば、横になっている間も自動的にFX売買を完結してくれます。
FXに取り組む際は、「外貨を売る」ということから取引をスタートさせることもあるわけですが、このように外貨を所有しないで「外貨を売っただけの状態」のことも、「ポジションを持っている」という言われ方をします。
それぞれのFX会社が仮想通貨を使用したトレード体験(デモトレード)環境を準備してくれています。現実のお金を投資することなくトレード練習(デモトレード)ができますので、先ずは試してみてほしいと思います。

1.稼ぎながら学ぶPLATINUM FXシリーズ第二弾!
6ロジック搭載で新登場!
> Platinum Kubera FX

2.これでダメならFXはやめましょう。
プロトレーダーの手法・ノウハウを動画にて大公開!
> Maestro FX

3.プライスアクショントレード。
オシレーターに頼らない、相場の王道的なトレード手法をマニュアルにしたものです。
> Dealing FX